あきらめたくない妊娠線

できてしまった妊娠線のケア

クリームによるケア

妊娠線を目立たなくする方法としては、肌の凹凸を減らすためのジェルやクリームなどがお勧めです。出産前は特に、お腹に余計な刺激を与えないようにするため、妊娠線ができてもクリームを付けて保湿に気をつけるしか方法がないので、予防時と同様のケアを続けてください。

産後ケアで、予防で使っていたクリームをそのまま使う場合も問題ではありませんが、できてしまった妊娠線ケアとしては、効能として特に妊娠線を目立たなくすると謳っているものの方が、効果がありそうです。

肌のちょっとした凹凸でもあるシワをなくすために開発された商品なんかにも、コラーゲンやヒアルロン酸がタップリと配合されていて効果的に働きかけてくれるのだそうです。特に真皮層のダメージを修復するために、「コラーゲン産生作用」と効能で書かれている商品なんかは、断裂した部分に新たにコラーゲンを作り出す作用が大きいのか、ネット上でも評判がいいようです。

医学的には1度できた妊娠線は消すことはまず無理とされているので、消すと銘打っている商品は疑いを持ちますが、出来るだけ目立たせないようにする努力はしてもいいのではないでしょうか?出産後の妊娠線は、時とともに白く薄くなっていきますが、個人差がでてきます。

産後は特に、弛みきっているお腹になっていますが、それをきちんと引き締めることにより、出来てしまった妊娠線も目立たなくなっていきます。基本的には、クリームで保湿をしながらマッサージをするボディケアを続けることにより、妊娠線が目立たなくなるよう努力をしてみましょう。

スポンサードリンク