あきらめたくない妊娠線

妊娠線ケア

マタニティエステ

妊娠期のケアとして、現在注目されてきているのがマタニティエステです。エステというと、痩身や脱毛、美白を始め、全身美容の施術ですが、美容からの観点だけでなく、そのリラックス効果が見直され、しだいに需要が高まってきているといいます。

日本での広がりの基は、胎教から家族とのコミュニケーションを促す手のぬくもりを大切にした「マタニティエステ」をコンセプトに、妊婦が自宅で簡単に出来るセルフエステ(ホームエステ)を考案した氏家尚子氏の活動から始まりました。

もちろん、産婦人科医の先生も監修に入られ、東洋のツボ施術も取り入れた妊娠中の心身相関のバランスを整えるエステティックです。マタニティエステは、ちょうど安定期に入る5ヶ月目位からできるので、妊娠線予防にもピッッタリ。現在、本・DVDやCDでも取り上げられているので、自宅でできる美容術として一考できる価値はあります。また、マタニティ・エステサロンも各地にできつつあります。

マタニティ専門の教育を受けたスタッフがマッサージを行うことになっており、かかりつけの産科医師の同意を得てからの施術となります。すべて、ハンドテクニックによる施術で、妊娠期にむくみがちな顔やデコルテ、足をひきしめます。

妊娠線の予防にも役立つセルフエステのマンツーマンレッスンも組み込まれています。妊娠線は、皮膚が急激に伸びることがその要因ではありますが、皮下脂肪の多さや皮膚の乾燥などが妊娠線をさらに増やしていきます。マタニティエステにより、柔軟で弾力性のあるみずみずしい皮膚を作ることが妊娠線を予防することにつながります。

スポンサードリンク