あきらめたくない妊娠線

妊娠線ケア

乾燥と妊娠線

妊娠線ができる2大原因は、乾燥と急激な体の変化による皮膚の膨張です。人は加齢により、肌の保湿力を失っていきます。妊娠を迎える頃というのは、一般的に若いといわれても、肌の保湿力は減りつつある時期だと考えてよいでしょう。

そんな時に妊娠によるホルモンバランスの変化や、悪阻などで栄養バランスが崩れなどが重なると、肌は妊娠前に比べ、水分の保湿が難しくなり、ちょっとした摩擦でも敏感に反応してしまう位、弱くなってしまいます。乾燥した肌は、弾力性が弱くなるので伸びにくくなり、皮下組織での亀裂ができやすい状態を作ってしまいます。

さらに、かゆみも生じてきますので、掻くのを我慢しなければいけません。皮膚を掻くことで、真皮や皮下組織に刺激を与え、亀裂を生じやすい状態を助長させ、妊娠線を作ってしまいます。

乾燥肌を防いで妊娠線を予防するには、まず体重管理をして急激に体重が増えないようにすること、そして何よりボディクリームやオイルなどでしっかり保湿して、急激な伸びにでも対応できるような柔軟な肌に整えることが大切です。妊娠前から使用しているクリームや乳液、オイルなどでも保湿対策をするのでもかまいません。

ただ、妊娠中の肌が普段と違っている状態であり、突然かぶれたりすることもあります。以前では考えられなかった、匂いでだめになることもあります。できれば"マタニティでもOK"と表示がある妊娠線予防製品を使用するのをおすすめします。

スポンサードリンク