あきらめたくない妊娠線

エステ・クリニックでの妊娠線のケア

イオン導入

イオン導入とは、イオン導入器を用いて、皮膚に微弱な電流をおこし、表皮上から手で塗るだけでは経皮吸収されにくい、水溶性の有効成分を肌の奥まで浸透させていく施術のことをいいます。表皮上では、バリアゾーンと呼ばれるものが存在し、異物や不純物が、真皮にまで浸透するのを防いでいます。

困ったことに、このバリアゾーンの働きは、肌に良い成分の浸透も妨げてしまうのです。イオン導入では、皮膚に微弱電流を流すことでプラスとマイナスの電極差を使い、有効成分が浸透しやすい肌の状態にしたうえで、水溶性の美容液を皮膚の奥まで 効果的に導入する方法です。

特に、ビタミンCなどは、熱や酸化にとても弱く皮膚に吸収されにくいという性質を持っていますが、肌に微弱電流を流す事により大事な成分をイオン化し皮膚の真皮層まで浸透させ、肌を活性化させます。

通常、表皮下の真皮層に有効成分を行きわたらせようとすると、針を使った注射による治療が考えられますが、イオン導入の施術により、身体を 一切傷付けずに真皮層にまで、有効成分を導入させることで、その効果が望めます。妊娠線は、真皮下でのコラーゲン繊維の断裂が原因となっています。

そして困ったことにお腹の皮膚は顔の皮膚に比べて約2倍の厚みがあり、つまり浸透しにくいという問題があります。この施術はエスティックサロンでもおこなっていますが、妊娠線を目立たなくする治療を行うクリニックでは、他の治療を行った後、オプショナル的にイオン導入を勧めている様子です。

スポンサードリンク