あきらめたくない妊娠線

エステ・クリニックでの妊娠線のケア

サーマクール

米国で開発されたサーマクールは、通常の光(IPLやレーザー)治療よりもはるかに強い高周波RF(Radio Frequency :ラジオ波)を照射する高周波治療機器のことです。

このサーマクールを使った施術は、高周波の熱エネルギーで皮膚の奥深くに刺激を与えることによりコラーゲンを増殖させる方法で、主に顔や首のしわやたるみに対しての引き締め治療として行なわれていたのですが、近年では、おなかが大きくなることによって伸びた皮膚を収縮させ、引き締め、コラーゲンの効果で肌をきれいにすることができ、妊娠線治療にも効果をもたらしています。

肌の新陳代謝が悪くなり、新しいコラーゲンのたくさん詰まった皮膚が生産されなくなると皮膚にはハリがなくなります。脂肪は残ったまま、筋肉にもハリがなくなってくると重力によって下垂してきますし、妊娠線跡も改善される見込みがありません。

サーマクールの高周波はレーザー光線では届かない皮膚真皮層の深いところに直接作用するため、皮膚表面のダメージを軽減し、皮膚真皮層のコラーゲンを広範囲に収縮させて自己コラーゲンの増殖を促進する効果があります。1回の照射で、約6ヶ月程度かけて細胞を活性化させますので、個人差はありますが、一回の施術でハッキリ効果を実感できるといわれます。

顔に比べて照射面積が広くたるため、照射時間は1~2時間と少し長くなりますが、軽度のたるみであれば、施術直後から効果がわかるかもしれません。そして、時間が経つほどにコラーゲンの生産が促進され、徐々に引き締まった感じを実感し、妊娠線跡が目立たなくなるでしょう。

スポンサードリンク