あきらめたくない妊娠線

妊娠線は何故できる

妊娠線ができる部位

妊娠線ができるのはお腹だけと、思っていませんか?いえいえ、お腹はもちろん、胸、お尻、太もも、わきの下、脚の付け根等、いろんな部位に妊娠線は出現します。そうです。妊娠は、赤ちゃんが入っているお腹だけの変化ではありません。

妊娠が分かってから、そのあとの女性の体型の変化には、めまぐるしいものがあるのにびっくりされる方も多いと思います。どんな変化も健康な赤ちゃんを産むために必要なものですから、あらためてそれを受け入れる必要があります。

まず、妊娠初期から乳房が張り、おしりが大きくなってきます。妊娠中期からは、赤ちゃんのために子宮自体の大きさが変わり、その空間を確保するために出産に向けて骨盤が広がり始めます。妊娠後期に入ると、その変化はますます顕著に表れてきます。そんな変化の中で、一つは脂肪が厚くつきやすい部分は妊娠線ができやすいところと認識することです。

お腹や、太もも、お尻などがそれに当たりますが、脂肪以外に、骨盤の変化も大きな要因といわれています。お腹ほど膨らみはしませんが、腰やお尻・太もも周りも、妊娠線ができやすくなるのは、このあたりの皮下組織にも、充分負担がかかっていると考えられるからでしょう。

また、授乳のための身体の準備で乳房の形が変わっていき、乳輪を中心に妊娠線が放射状に現れます。出産前は予防ケアで大丈夫であっても、出産後にも、妊娠線が現れうる場所ですので、ケアをしっかり行いましょう。

スポンサードリンク