あきらめたくない妊娠線

妊娠線は何故できる

妊娠線ができやすい人

妊娠線は、妊娠されている方全員にできる可能性がありますが、傾向として妊娠線ができやすい条件がいくつかあります。もともと太り気味で皮下脂肪が厚い人は、皮下脂肪に弾力性がないため、皮膚が伸びたときに、その変化についていけず、亀裂ができやすくなります。

妊娠初期のころから、妊娠線がみられるのも、このタイプです。また、双胎以上の、多胎の人も子宮の大きくなり方が、一般の方と大きく異なりますので、妊娠線の出る確率は非常に高いといえるでしょう。

そして、経産婦の方、すなわち一度以上出産を経験している方は、初産の方に比べ、子宮が大きくなりやすく、急激にお腹が出てくる傾向があります。初産の時には大丈夫だったお肌も、子育て中の忙しさもあるのでしょうが、ケアが怠りがちになると、思わぬ妊娠線が出ることになるので、注意しましょう。

また、小柄な方は、骨盤も小さく、赤ちゃんの居場所が前に広がるため、お腹が前へせり出す傾向があります。そのとき、皮膚が強く引っ張られ、妊娠線を作り出してしまうようです。体重増加に気をとられたて栄養状態の管理が悪い方や、つわりの影響で体重が大きく増加していない方も、肌の栄養状態が悪くなり、少し引っ張られただけでも妊娠線ができやすくなります。食生活の管理が必要です。

また、肌に潤いが少ないと柔軟性に乏しくなり、亀裂ができやすくなりますので乾燥肌の人は要注意だと思ってください。妊娠線は必ずできるものでもないし、何もしなくても、妊娠線が出ない人もいます。しかし、一度できれば完全には消せないものですから、予防ケアはしておきましょう。

スポンサードリンク