あきらめたくない妊娠線

妊娠線の予防法

出産後の注意点

出産直後に、妊娠線を発見して悲しまれる方もいらっしゃいます。出産を迎えるその時まで、張り詰めていたお肌は、本当に刺激に弱くなっていますから、出産時のイキミでできてしまった人、急激なお腹の収縮でできてしまった人、出産後に胸が大きくなって妊娠線ができてしまう人もいらっしゃいます。

出産前に完璧だと思われていた方でも、今まで見ることが難しかった下腹部に、妊娠線の後を発見されることもあります。出産直後は、妊娠線どころではないと思いますが、身体も回復してきたら、育児の合間にでも、今まで通りのマッサージと合わせた保湿ケアや、産褥体操を始めるなどして、血流をよくし皮膚を活性化させるための適度な運動もしていきましょう。

胸は、実際に赤ちゃんが口にあてるものですから、妊娠線ケアといっても、今までのクリームをそのまま使ってよいか悩むところになります。母乳マッサージをするとか、赤ちゃんが口にしても大丈夫な馬油や天然成分のクリーム(最近では授乳時用のケアクリームがあります)などを使うことは、妊娠線を防ぐ上でも大切なことです。

今まで、出産のために起こった大いなる変化は、自分だけの意思ではどうすることもできませんが、やはり、事前のケアによって、肌の柔軟性を高めて、変化に対応していくしかありません。

また、妊娠線ができていても、できていなくても、出産により、皮膚は大きなダメージをうけています。出産でケアのすべてが終わるのでなく、せめて肌の調子が戻るまで、マメにお手入れをしていくことが大切です。

スポンサードリンク