あきらめたくない妊娠線

妊娠線の予防法

妊娠線とかゆみ

妊娠すると、ホルモンバランスの崩れから乾燥肌になりがちで、皮膚への刺激に非常に敏感になります。加えて、母体の変化に伴い、皮膚が伸ばされていくのに、妊娠中に増加するコルチコ・ステロイドというホルモンが、線維芽細胞(弾性線維を作る細胞)が増えるのを抑制してしまい、皮膚が薄く硬くなりがちになるため、妊娠線ができやすくなります。

妊娠線が現れる直前くらいから、かゆみを感じる方は多いようです。思わず、下着の上からでも掻いてしまいますが、掻けば掻くほどかゆみも増しますし、掻いたから妊娠線が残るのではなく、掻いた跡のキズ跡が残ってしまう可能性は高いと思います。

まずは、自分の身体を清潔に保つようにし、入浴後は保湿に気をつける、直接肌に触れる下着などの素材を変えてみる、などを試してみてはいかがでしょうか?妊婦さんは新陳代謝が激しくなるので、日中でも汗をかいたら、シャワーを浴びて妊娠線予防クリームを付けるということでも良いと思います。

妊娠していないときには体に合っていたクリームや薬も、体質が変わっている妊娠期間中は、かぶれてしまったりすることがあります。もちろん、産科医で塗り薬を処方してもらうのもいいでしょう。ただ、お医者様の処方より妊娠線予防クリームをまめに使い、保湿を徹底する方がかゆみをおさえる効果があった、という意見も多数聞くことができます。

妊娠線予防クリームには、保湿成分がたっぷりと含まれていることから、肌に塗れば痒さの対策にもなるでしょう。何より、かゆいからと言って、「掻く」ことは、自分の身体を傷つけることにつながるのでやめるようにしましょう。

スポンサードリンク