あきらめたくない妊娠線

妊娠線の予防法

妊娠線とマッサージ

妊娠線の予防に、乾燥肌を防ぐための保湿が大切ですが、保湿された柔らかい肌をキープし、皮膚に弾力性を持たせるためには、マッサージが効果的です。入浴後の保湿のためにクリームやジェルを肌に伸ばすのと同時に、優しくマッサージをしてみましょう。

マッサージと言っても、妊娠線の予防の為なので、通常の筋肉のコリをほぐす目的のように、揉んだり叩いたりは不要です。妊娠線の予防マッサージをする部分は、思うよりも広範囲で、お腹だけでなく、皮下脂肪がついて妊娠線が出やすいと言われている箇所、つまりお尻や太もも、二の腕なども含めます。

お腹は手のひらを当てて優しくなでるように「の」の字を描くよう要領で、クリームやオイルを伸ばしていきます。二の腕、太もも、おしり等は下から上へ、つまり、外側から心臓の方向へ、手のひらを使って滑らかにクリームをのばします。妊娠中は血行の流れが悪くなりがちなので、肌をさすることで血流の改善にも効果があります。

バストのマッサージは、妊娠線の予防と同時に、授乳準備を兼ねています。乳首にむけて外側から手のひらで優しくマッサージします。クリームやオイルが少量だと、力が入りすぎたりします。全体的に両手を使い、力を入れすぎないように、たっぷりのクリームを伸ばしていきましょう。

ただし、マッサージやケアをしている時に、お腹が張ったり気分が悪くなったら、すぐに中断して休みましょう。妊娠線ができてしまったからとケアをやめるよりも、それ以上広がらないようにすることも必要です。ですから、妊娠線のことが気になったら、悪阻が収まった段階で、妊娠初期でも中期でも予防を始めてください。

スポンサードリンク