あきらめたくない妊娠線

妊娠線の予防法

妊娠線予防の基本

妊娠線は、一度できてしまうと完全には消すことができません。また、いつでき始めるかも、個人差があるため、特定はできません。ですから、妊娠が分かった時点で体型に変化が現れることを認識し、ケアを始めることをお勧めします。妊娠線を防ぐケアのポイントは3つあります。

一つは体重の増加が急激にならないようにコントロールすることです。母体の太りすぎは妊娠時には高血圧を招き、胎児への影響も出てくる可能性があります。また産道への脂肪がつくことで、難産を招くことにもなりかねません。

体重が増えるということは、それだけ身体全体が大きくなっているということですから、皮膚も伸ばされて、妊娠線はできやすくなる状態といえます。急激な体重増加の場合は、皮膚の伸びが限界を超えて一気に妊娠線ができてしまうことがあります。妊娠期間中、妊娠線に関することだけではなく、体重管理は大きな課題です。二つ目はお肌の管理です。

乾燥肌になるのを防ぐための水分を補うボディケアを行うことです。妊娠中は、ホルモンバランスが変化する影響で、普通肌の人でも、肌が乾燥しやすくなります。肌が乾燥してしまうと柔軟性がなくなりますから、皮膚に亀裂が入りやすくなってしまいます。皮膚に柔軟性を持たせることで、伸びていく肌の亀裂を防ぐことができるので、肌への水分を充分補っていくようにしましょう。

妊娠中は、特に肌質が弱くなっていたり、香りに敏感になっていたりしますので、マタニティー用の保湿クリームやオイルの使用をお勧めします。最後に、栄養バランスのよい食生活を意識してください。食生活を考えることで、体重管理にもお肌の状態にも大きな影響を与えます。早期からのケアが、妊娠線ができる可能性を低くする第一歩につながるでしょう。

スポンサードリンク