あきらめたくない妊娠線

妊娠線の予防法

妊娠中の運動

皮下脂肪は柔軟性が乏しく、溜めていると妊娠線ができやすいと言われています。妊娠中は、本人も周りも激しい動きを制限するため、運動不足になりがちですが、できれば定期的に体を動かして、余分な皮下脂肪がつかない努力をしましょう。

運動することで新陳代謝がよくなると、身体全体に栄養が行き渡りやすくなり、皮膚が強くなり妊娠線の予防に効果が期待できます。ただ、妊娠初期は、胎盤ができあがっておらず、赤ちゃんが不安定時期なので、運動の習慣がある人でも、激しい動きは控える必要があります。

そういう時は、気分転換も兼ねた散歩、つまりウオーキングがおすすめです。日々の出勤や買い物にも、ウオーキングを取り入れることで、無理なく運動できるでしょう。安定期に入る妊娠中期は運動を始めるのに最適な時期です。悪阻も治まり、心身ともに落ち着いてくる時なので、食欲も出てきますから、動かないでいるとあっという間に体重が増えてた、なんてことが多々あります。

太りすぎると、妊娠線が出やすくなるばかりでなく、妊娠高血圧症候群や難産の原因になったり、出産後、体重が戻りにくかったりといいことがありません。体力勝負であるといえる出産に備えても、適度な運動は筋肉・体力づくりという面からもおすすめできます。最近では、マタニティスイミングやマタニティヨガ、マタニティビクスなど、各種、妊婦さんを考慮した運動プログラムが、スポーツジムなどで提供されています。

ストレス解消にもなり、血液循環や代謝もよくなるのでお勧めなのですが、自分の判断だけでこれらのスポーツを始めることは避けてください。妊娠経過に異常がなくても決して無理をしないように心掛け、必ず医師への相談が必要です。運動中におなかの張りを感じたときなどには、すぐに休むようにしましょう。

スポンサードリンク