あきらめたくない妊娠線

妊娠線の予防法

妊娠中の体重管理

妊娠中に食欲が旺盛になることは生理学的に当たり前のことなのですが、妊娠線を作らないためには、望ましい体重の増加管理の必要があります。妊娠中の適切な体重増加量は、実は妊娠前の体型により異なってきます。

望ましいとされる体重の増加幅は、妊娠前のBMI(Body Mass Indexの略で、世界共通の肥満度の指標)を計算することで目安を立てるこができます。ご自分の身長と体重から、まずは、自分のBMI(非妊娠時)を計算しておきましょう。

『計算式:BMI値=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m) 』BMIが18.5以下の人は、痩せ型と判断され、妊娠中の体重増加は9から12㎏ぐらいといわれています。同様に18.5~25までの方を、標準とみなし、7から12㎏位の増加が望ましいとされます。妊娠前のBMIが25以上の方は、元々肥満の部類に属し、5から7㎏の増加で抑えるように努力しましょう。

妊娠中は、赤ちゃんの体、羊水や胎盤、母体の循環血液量の増加分、そして出産のために必要な皮下脂肪分などが含まれて、体重が増加します。痩せ型の方は、今までついていなかった皮下脂肪を増やす必要があるので最低9㎏増が望まれます。

標準的に、1ヶ月の体重増加の目安は1~1.5㎏程度になるので、安定期に入ったからといって、1ヶ月で3~5キロ太ってしまうのは、母体の健康にもよくないし、皮膚が負担を感じるのも無理ないことです。一番大切なのは食事管理と適度な運動だと思いますが、毎日体重を測る習慣をつけ、体重増加の様子を把握しておくようにしましょう。

スポンサードリンク