あきらめたくない妊娠線

妊娠線の予防法

妊娠中の入浴

妊娠するとホルモンバランスが変わるのにつれ、肌が乾燥してきます。この乾燥が妊娠線を出現させる要因の一つでもあるので、予防のため入浴時にも注意が必要です。シャワーで済ませずに湯船につかれば、皮膚の血行が良くなり、新陳代謝をたかめる働きがあります。

しかし、肌の水分を保つのに必要な皮脂までうばってしまうという、妊娠中の乾燥肌の人にとっては、大きい難点があります。熱い湯船はさっぱりして気持ちがいいものではありますが、長時間入ることは避け、ちょっとぬるめのお湯(38度~39度)でゆっくり浸かるようにしましょう。

半身浴で20分くらい浸かっていると、熱いお湯に短い時間だけ入った時よりも、湯冷めしません。この温度は、ちょうどお腹の羊水の温度と同じだといわれています。産後の入浴も同じ温度にすれば、お風呂の苦手な赤ちゃんも、一緒に楽しむことができるのではないでしょうか。また、石鹸やタオルに注目するのも良いと思います。

ボディブラシやナイロンタオルは、汚れが落ちが良く気持ちがいいのですが、思いのほか摩擦の力が強く肌をいため、色素沈着の原因にもなります。基本的には、肌が乾燥してきたと感じたら、石鹸を軽くあわ立て、その泡を手やガーゼ、木綿など天然素材のやわらかいタオルで、肌をマッサージするように身体を洗うのがいいでしょう。

石鹸も合成化学物質が含まれるものは、肌に刺激を与えるので、低刺激で、できれば天然素材の物を選ぶことをおすすめします。入浴後は、肌が乾ききらないうちにできるだけ早く、ローションやクリームを使って、保湿しましょう。保湿性が保たれると、肌のかゆみを抑え、妊娠線の予防になります。

スポンサードリンク